日本捕鯨協会とは インフォメーション プレスリリース ニュース 捕鯨問題Q&A 捕鯨の歴史 勇魚・勇魚通信 捕鯨をめぐる世論 捕鯨に関する決議・宣言 クジラLINK
日本捕鯨協会

日本が調査で捕獲しているクジラ類の資源量

日本の調査捕鯨における捕獲頭数と資源量との比較


種名 資源量 捕獲計画頭数 捕獲頭数/資源量
クロミンククジラ
(南極海調査海域)(*1)
442,000頭 333頭 0.075%
ミンククジラ
(北西太平洋調査海域)
25,000頭 102頭 0.4%
イワシクジラ
(北西太平洋調査海域)
21,612頭 90頭 0.4%
ニタリクジラ
(北西太平洋調査海域)
20,501頭 25頭 0.12%

(*1)IWCで合意した推定値の内、南極海調査海域相当分
(V区およびY区の各推定値の半分およびIV区、V区の合計)
RIWC44/198より
III区 88,735/2=44,368
IV区 74.692
V区 294,610
VI区 55,985/2=27,993

ページトップへ
日本捕鯨協会とは | インフォメーション | プレスリリース | ニュース | 捕鯨問題Q&A | 捕鯨の歴史 | 勇魚・勇魚通信 | 捕鯨をめぐる世論 | 捕鯨に関する決議・宣言 | クジラLINK
IWC条約を愚弄する輩 | 反捕鯨団体への公開質問状と回答 | 定置網に混獲されたひげ鯨等の取り扱い | 座礁・混獲した鯨類への対処法

  JWA
JAPAN WHALING ASSOCIATION
ホームページトップへ 日本捕鯨協会トップへ 英語ページへ